Skip to content

研究大会開催

  過去の大会記録

2022年度(第43回)研究大会開催について 

※ 2021年11月8日更新
開催日
2022年11月5−6日
テーマ
1日目全体セッション

EUの将来像と市民社会

・2020年初めから徐々にコロナ問題が世界中に広まった。EUおよびEU構成国もこの例外ではなく、EUの根幹である、域内市場、特に物と人の自由が大幅に制限されることになった。人の自由移動については、EUの多くの国において国境コントロールが再導入された。EUは、付与されている権限に基づく限界もあり、コロナ禍の当初は、効果的なかつ迅速な措置をとることができずにいたが、欧州医薬品庁によるワクチン承認審査、EUのワクチン一括契約購入など、徐々にEUが統一的に行動すべき事項が現れ、特にコロナ危機からの復興については、多額の借り入れをEUに初めて許容する復興基金「次世代EU(NextGenerationEU)」を設定し、EUの予算枠組を大きく変更させる決定に至った。ヨーロッパ、特に枢軸国である独仏では、転換期を迎えている。ドイツで2021年9月に選挙が実施され、これまで第一政党である、キリスト教民主・社会同盟(CDU/CSU)が大きく票数を減らし、社会民主党(SPD)が第一政党になり、緑の党と自由民主党(FDP)が票数を伸ばした。16年間首相であったメルケルが首相を退いた。フランスでは、2022年4月に大統領選挙が予定されている。加えて、欧州委員会は、ヨーロッパを通じて共通の将来を形成するEU市民の議論の場、欧州将来会議(Conference on the Future of Europe)を立ち上げた。さらに、欧州における気候変動訴訟などにおいてはNGOを中心となって、EU構成国や企業を相手に訴訟を提起している。コロナ禍は、ウィズコロナおよびポストコロナの中でEUが市民社会とともに新しいEUを形成していく契機となっている。このような状況を踏まえ、EU将来像と市民社会を共通論題としたいと考える。

2日目公開セッション

EUとジェンダー

・公開シンポジウムでは、公開という観点を踏まえ、EU学会の存在をよりよく知ってもらうために、共通論題から独立して、よりアクチュエルなかつ幅広く関心をひくEUの問題をファシリテーターと数名(4~6名)の報告者に集中的に議論してもらうことを目指している。EUが抱える問題は多岐にわたるが、LGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー)プラスをめぐるジェンダーの問題を取り上げることを考えている。法分野を基礎としつつ、必要であれば、政治分野・経済分野からの討論者も入れることにする。日本でも、札幌地方裁判所において初めて同性婚を認めないことが憲法違反であると画期的な判決が下され、オリンピック開催を契機に多様性の重要性が再認識され、LGBTを含めたジェンダーおよび多様性の問題がクローズ・アップされている。EUでは、EUレベルにおいてLGBTプラスを規律するEU措置は存在せず、同性婚を認めるか否かは構成国法による。しかし、ハンガリーで反LGBTQ法案が可決され、18未満の児童に対して学校教育で同性愛等を教えることの禁止、また、メディアでのそれらに関する配信の制限などが実施されることになった。欧州委員会委員長やEU構成国の首脳はこの法案を強く批判した。多様性の尊重というEUの価値がいくつかのEU構成国において大きく揺らいでいる。このような状況を踏まえ、EUにおけるLGBTプラスをめぐるジェンダーの問題をテーマとし、ジェンダー平等の実現を議論する機会を持ちたい。

応募書類(12月初旬ごろの掲載を予定しております)
※ 研究大会情報は会員のみなさまに学会メーリングリストにてご連絡いたします。連絡のメールが確実に届くよう、会員各員におかれましては、会員ログインページにアクセスの上、お確かめください。
企画委員会
委員長:中西優美子理事
委 員:(経済)伊藤さゆり理事・高屋定美理事
    (法律)安江則子理事・中西優美子理事(兼務)
 (政治・社会)網谷龍介理事・小川有美理事
   (執行部)森井裕一理事長・上田廣美編集委員長・臼井事務局長
開催校
東京経済大学 担当:小島健理事
プログラム
日本語プログラム    2022年4月以降に掲載予定
Programme(English)
非会員聴講
非学会員の方は、一般が3000円、院生は1000円の研究大会聴講料をお支払いいただければ、聴講が認められます。
・ 聴講料入金先口座:
  三井住友銀行 麹町支店(218) 普通口座5162421  ニホンEUガッカイ
・ お申し込み期間、お申し込み方法は2022年4月以降にご案内いたします。
公開シンポ
二日目公開シンポは非会員の方にも公開します。
聴講希望の方は、下記のフォームに必要事項を記載してください。
・ 公開シンポ聴講希望者申込フォーム ※2022年4月以降に開設予定
・ お申込期間、お申し込み方法は2022年4月以降にご案内いたします。
報告原稿
ここからダウンロード可能です(会員宛にお知らせするパスワードが必要です。会員ログインページにて、ご自身のメールアドレスのご登録内容をご確認ください)。
2022年10月22日に開設予定。