Skip to content

日本EC学会年報 第16号 (1996年)

EUの社会政策

シンポジウム
EU における従業員の情報入手権および協議権-1994年指令について- 正井章筰
EU の社会労働政策と英国の不参加-Sustainable GrowthとWelfareの実現をめぐって 引馬知子
GATT ウルグアイ・ラウンドにおけるAV「文化特例」をめぐる攻防 三浦信孝
ミッテラン政権の経済政策とフランスの欧州政策 鈴木一人
人の自由移動政策の形成過程 南部朝和
EU における多言語主義の多角的検討 安江則子
ドイツの「中核ヨーロッパ」構想と欧州統合の将来 宮本光雄

日本EU学会年報 第17号 (1997年)

EU とアジ ア

シンポジウム
ASEM(アジア欧州会合)―新しい対話の誕生 田中俊郎
EU 通商政策の再編とアジア―アセアンを中心に 原島正衛
European Firms Industrial Relations and Human Resource Management in Korea and Malaysia Philippe DEBROUX
IGC における EU 機構及び CFSP関連規定の検討課題 松隈潤
EU における「民主主義の赤字」の解消と欧州議会の役割 児玉昌己
マーストリヒト後の統合局面と cohesion 概念―EC 文書にみる cohesion 概念の変化を中心に 棚池康信
米・欧における M & A の新潮流 貴志幸之佑

 

日本EU学会年報 第18号(1998年)

IGCの成果と課題

シンポジウム
アムステルダム条約の概要と評価 庄司克宏
アムステルダム条約の第2・第3の柱の法的断面図―深化?進化?する EU 中村民雄
アムステルダム条約と EU の機構改革 小久保康之
EU 政府間会議(IGC)と共通外交・安全保障政策(CFSP) 辰巳浅嗣
加盟国の EU 改革構想と欧州統合の将来 宮本光雄
中東欧諸国の EU 加盟準備過程 鈴木輝二
EU 統合の深化とベルギーの連邦化改革― EU における連邦構成体の権限拡大を中心に 正躰朝香
文献紹介  
マリオ・モンティ(田中素香訳)『EU 単一市場とヨーロッパの将来―モンティ報告』 髙島純子

難民研究フォーラム主催公開シンポジウム

7月9日(土)に第5回難民研究フォーラム主催の公開シンポジウムが開催されます。

増大する難民の受け入れニーズと実態:シリア難民を中心に──EU・北米・日本で比較する

日時: 2016年7月9日(土)13時‐17時

会場: 真如苑友心院ビル6階 (半蔵門駅直結)

参加費:無料

詳しくはこちらをご覧ください。

 

 

日・EUフレンドシップウィーク2016

「Brexit: どうなるイギリス、EU、そして世界」

このたび早稲田大学 現代政治経済研究所およびEUIJ早稲田では、政治・経済・法の三面からイギリスのEU離脱問題(Brexit)に迫る、特別セミナーを開催いたします。

【開催日】

2016年6月17日(金)

【プログラム】

15:00 開会

 第一部 報告

 若松邦弘(東京外国語大学教授)イギリス政治

 臼井陽一郎(新潟国際情報大学教授)EU政治

 安藤研一(静岡大学教授)世界経済

 中村民雄(早稲田大学教授・EUIJ早稲田代表)イギリス憲法・EU法

16:15 Coffee Break

16:30 第二部 報告者間討論&会場を含めた自由質疑応答

18:00  閉会

詳細および申し込みはこちら

国際シンポジウム「欧州の知的財産法―その向かうところ」

帝京大学法学会では、フランスから4名の専門家をお招きして、シンポジウム「欧州の知的財産法―その向かうところ」を開催する予定でおります。皆様奮ってご参加いただければと存じます(日⇔仏同時通訳がつきます)。


【シンポジウム概要】

開催日時:2016年6月6日(月)16:30-18:30

場所:帝京大学八王子キャンパスソラティオスクエアB2小ホール

参加費:無料

主催:帝京大学法学会

定員:定員250名 (但し、定員になり次第、締め切りになります。)

言語:日仏同時通訳あり


【開催趣旨】

2016年3月23日に施行された欧州連合商標規則に伴い欧州共同体商標意匠庁(OHIM)は欧州連合知的財産庁(EUIPO)に改称され、欧州共同体商標(CTM)も欧州連合商標(EUTM)に変更されました。また、実務に大きな影響を及ぼすと考えられる欧州特許制度改革も迫っています。本シンポジウムでは、フランスからの4名の専門家が激動する欧州の現状について講演し、欧州と我国が抱える知的財産の共通問題についてパネルディスカッションを行います。


【プログラム】(予定)

第一部:講演

1.欧州統一特許と欧州統一特許裁判所: 欧州各国法の「寄せ鍋」から何が望めるのか(16:35-17:10)

Patrick TRABÉ (Bandpay & Greuter共同パートナー、欧州弁理士)

Aujain EGHBALI (Bandpay & Greuter共同パートナー、欧州弁理士、修士(民法学))

質疑応答(17:10-17:15)

2.欧州商標法改革: 商標権者に与える結果(17:15-17:35)

Yann BASIRE Ph.D(Haute-Alsace大学准教授、ストラスブール大学知的財産研究所講師、ストラスブール大学知的財産研究所研究員、欧州連合知的財産庁顧問)

質疑応答(17:35-17:40)

3.欧州連合における著作者人格権の特徴(17:40-18:00)

Pauline DARNAND (Juris-dialogパートナー弁護士、ストラスブール大学知的財産研究所講師)

質疑応答(18:00-18:05)

第二部:パネルディスカッション

「いま欧州と日本が直面している知的財産関連問題」(18:05-18:25)

コーディネーター:Miyuki TSUYUKI, Ph.D. (帝京大学法学部准教授、博士(法学))

パネリスト: Patrick TRABÉ、Aujain EGHBALI、Yann BASIRE、Pauline DARNAND


【参加申込】

どなたでも参加できます。参加を希望される方はこちらより必要事項を入力してください。


【お問い合わせ】

帝京大学法学部法律学科 露木美幸(mtsuyuki@main.teikyo-u.ac.jp)

日伊修好150周年記念カンファレンス

5月23日に慶応大学で 日伊修好150周年を記念したコンファレンスが開催されます。

詳細はこちら


Economic Conference to commemorate the 150th Anniversary of Diplomatic Relations between Italy and Japan

The Economics of Italy and Japan: Historical Development and Future Policies for Stability and Growth

Date: Monday, 23 May, 2016

Venue: North Hall, 1F North Building, Keio University, Tokyo, Japan

Organised by Keio University in Tokyo and Bocconi University in Milano and with kind Co-operation from the Embassy of Italy in Tokyo

 

第83回慶應EU研究会特別講演会

ジャン・モネEU研究センター 第83回慶應EU研究会 特別講演会

Special Lecture organized by Jean Monnet CoE for EU Studies at Keio University


Prof. Miguel Poiares MADURO (European University Institute)

“The European Union in Crisis:Causes and possible Solutions”

「危機に瀕するEU-原因と解決策-」

ミゲル・マドゥーロ欧州大学院大学教授


5月26日(木) 午後2:45~4:15

慶應義塾大学三田キャンパス 西校舎533教室

言語: 英語     参加: 無料・登録不要

ジャン・モネEU 研究センター(慶應義塾大学) 東史彦: fumifigo@keio.jp

案内はこちら

 

ジャンモネCoEワークショップのお知らせ

イギリス・ブリストル大学、カナダ・ビクトリア大学で教鞭をとりながらEU研究の専門誌(Journal of Common Market Studies)の編集を担当している専門家と、関西大学や神戸大学の教授ら7名によるワークショップが、5月11日(水)の午後に開催されます。

※ 参加申し込みは不要です


日時

5月11日(水)13:30~17:40

プログラムのダウンロードはこちらPDFファイルを開きますから

対象者:学部生・大学院生・教職員

開催場所:神戸大学 六甲台本館2階会議室(経済学部)別ウィンドウで開きます

JCMSイベント

このたび、EUIJ早稲田では、学術雑誌JCMS(Journa l of Common Market Studies)の編集者2名や、国内のEU研究者をお招きして、下記のようにシンポジウムとワークショップを開催いたします。


開催日:2016年5月9日(月)

セッション1:JCMSシンポジウム

ユーロ危機とイギリスのEU離脱を考える

The Euro Crisis and the Brexit

時間:13:00-14:30

場所:早稲田大学早稲田キャンパス26号館B104(多目的講義室)

セッション2: EUワークショップ

時間:15:00-16:10

場所:早稲田大学 早稲田キャンパス26号館11階1102会議室

セッション3:EU ワークショップ(若手研究者) および論文出版アドバイス

時間:16:30-18:00

場所:早稲田大学 早稲田キャンパス26号館11階1102会議室


詳細およびお申込み:日本語 / English