Skip to content

研究会

第1回関東部会開催のお知らせ

関東部会では下記の通り第1回の部会を開催いたします。

日時:2018年7月7日(土)14時30分~17時00分

場所:早稲田大学8号館307号教室(早稲田キャンパス


第1報告者:大道寺隆也氏(早稲田大学政治経済学術院助手)

報告タイトル:「EUにおける「相互信頼」の形成と揺らぎ―基本権保障をめぐる国際機構間関係―」


第2報告者:唐鎌大輔氏(みずほ銀行チーフマーケットエコノミスト)

報告タイトル:「ユーロ圏の経済・金融情勢の現状と展望」


第3報告者:鈴木規子氏(早稲田大学社会科学部准教授)

報告タイトル:「EU域内移民の現状―フランスを事例として」


※ 参加にあたって、とくに連絡などは必要ありませんので、直接会場にいらしてください。


日本EU学会関東部会幹事

土谷岳史(高崎経済大学)

Tsuchiya*tcue.ac.jp

(送信される時には上記アドレスの *を@に変更ください)

第1回関西部会開催のご案内

関西部会では下記の通り第1回の部会を開催いたします。

日時:2018年7月21日(土) 13時30分~17時50分

場所:関西大学千里山キャンパス 第2学舎2号館6階 商学部会議室

ここの地図の2-2の建物です。

ご不明の場合は、正門横にインフォメーションがございますので、そこでお訊ねください。

会場の都合上、ご参加される方は、部会幹事の高屋までメールでご連絡ください。

takaya*kansai-u.ac.jp (送信される時には上記アドレスの*を@に変更ください)


第1部 13時30分―15時30分


第1報告者:佐竹壮一郎氏(同志社大学法学研究科博士課程)

報告タイトル:EUの正統性構築に向けた課題


第2報告者:Porto Massimiliano氏(神戸大学経済学研究科博士課程)

報告タイトル:The Rules of Origin in the EU-Japan Relation


休憩 20分


第2部 15時50分ー17時50分


第3報告者:梅本あすか氏(同志社大学グローバル・スタディーズ研究科博士課程)

報告タイトル:Identitäre Bewegungがドイツ政治へ及ぼす影響についての考察


第4報告者:Agata Wierzbowska氏(神戸大学経済学研究科講師)

報告タイトル:Financial stress in euro area: implications for financial integration, monetary policy, and real economy


※ 各報告とも40分、フロアとの質疑応答が20分となります。


日本EU学会理事・関西部会幹事

高屋定美(関西大学商学部)